中津川市定住情報ポータルサイト
「中津川に住もう!」

中津川市へようこそ!山が近くて川がきれいで水も空気もおいしい

2022年8月末(外国人含)

人口と世帯
人   口 75,760人
男  性
女  性
37,161人
38,599人
世  帯 31,553世帯
中津川市に住もう

キャンプの秋

中津川に住もうスタッフ 2022年09月27日

こんにちは!定住推進課です。

 

皆さん、秋と言えば何を思い浮かべますか?「食欲の秋」、「読書の秋」、「スポーツの秋」…いろいろあると思いますが、僕は断然「キャンプの秋」です!

 

少し肌寒くなったこの季節に自然を眺めながらゆったりと過ごしたり、何も考えずに焚火を眺めたりするのが最高なんですよね~。

 

ということで、今回は「椛の湖オートキャンプ場」にお邪魔しました!

 

「椛の湖オートキャンプ場」は、中津川市坂下地域にあるキャンプ場で、名前のとおり、「椛の湖」の畔にある自然豊かなキャンプ場です。

 

少し空は曇り模様ですが、雨も降ることなく、無事にテントの設営も完了しました。

湖のすぐ近くのテントサイトだったので、ロケーションも完璧です!湖を眺めながらゆったり過ごせました。

 

こうやって湖を眺めながら料理するなんて、贅沢すぎですよね。

料理をつくるのも一層楽しくなります(^^♪

 

湖をぼけ~っと眺めていたら、湖面に雲や山等、自然の風景が反射しているのに気が付きました。自然が創りだすこのような風景も、神秘的でいいですよね。

 

施設の中には、子どもが遊べる遊具や芝生広場もあるので、もう少し子供が大きくなってから来ても楽しそうです(^^)

 

湖にはカモも泳いでいて、こんなに近くに来ることもあります。カモをこんなに近くで見ることもあまりないので、なかなか貴重な経験でした。とってもかわいらしいです(*’ω’*)

 

さて、そんなこんな過ごしていたら、日も暮れてきて、周りは闇に包まれてきました。焚火の時間です。

焚火ってなんでこんなに落ち着くんでしょうね。ゆらゆら揺れる火を見ていると、とっても心が落ち着きますし、何時間でも見ていられます。この焚火がしたくてキャンプに来ていると言っても過言ではありません。

 

焚火を眺めながらご飯を食べ、ゆっくり過ごさせていただきました・・・。

 

 

 

さて、今回はこんな感じで「椛の湖オートキャンプ場」でキャンプをしてみましたが、市内にはまだまだ魅力的なキャンプ場がたくさんあります!

皆さんも快適にキャンプができるこの時期、是非中津川市に来てキャンプをしてみてはいかがでしょうか!?

僕も他のキャンプ場にも行ってみて、市内のキャンプ場を制覇しようと思います!!

 

また、キャンプに行った際には、その地域の観光もセットでしてみると、より中津川市の魅力が楽しめると思います(^^♪

坂下地域のキャンプ場のそばには、「そばの花畑」もあります。「椛の湖オートキャンプ場」に来た際は、そちらもあわせて行ってみることをおすすめします♪

 

関連ブログ:そばの花が咲く時期になりました。

 

おためし住宅を利用して中津川市に移住はいかがでしょうか。

中津川に住もうスタッフ 2022年09月12日

こんにちは。定住推進課です。

 

中津川市では、移住や定住を検討されている方向けにおためし住宅制度を実施しています。

入居期間は1年ですが、その間に気に入る物件や仕事を見つけられてはいかがでしょうか。

おためし住宅案内のサムネイル

おためし住宅は市営住宅の空き状況で、ご紹介できる住宅が異なります。

詳細はお問い合わせください。

 

入居要件に合わない単身等で移住を検討されている方も

他の市営住宅をご紹介できる場合がございますので、お気軽にお問い合わせください。

 

お盆休みに移住相談はいかがですか?

中津川に住もうスタッフ 2022年08月08日

こんにちは。定住推進課です。

 

お盆休みに移住相談はいかがでしょうか。

中津川市役所はお盆期間中も開庁しています。(平日8:30~17:15)

普段は仕事等で移住相談が難しい方もこの機会に中津川市役所3階 定住推進課へお越しください。

お待ちしております。

※資料等の準備のため、事前にご連絡をいただけますと幸いです。

 

休日の移住相談を希望の方は、毎週土曜日(祝日除く)9:00から12:00まで休日移住相談窓口を開設しています。

詳しくはこちら

 

ぜひ、ご利用ください。

 

【予約・お問合せ先】

中津川市役所定住推進課

Mail:teiju@city.nakatsugawa.lg.jp

TEL:0573-66-1111(内線324)

フラット35地域連携型を利用しませんか?

中津川に住もうスタッフ 2022年08月02日

新婚さん住まいる応援事業を申請予定の方が、住宅金融支援機構のフラット35地域連携型を利用する場合、借入金利が10年間引き下げられます。

フラット35地域連携型の利用を希望する方は下記の必要書類を定住推進課へご提出ください。提出していただいた書類を基に審査を行い、補助対象として認められた場合は地域連携型利用対象証明書を送付いたします。

 

【定住推進課へ提出するもの】

・[地域連携型第2号書式] 地域連携型利用申請書

・戸籍謄本

・購入予定の住宅の契約書等のコピー(契約(予定)日・金額・地番等が分かる書類)

【送付先】

〒508-8501中津川市かやの木町2番1号

中津川市定住推進課

 

[地域連携型第2号書式] 地域連携型利用申請書・フラット35地域連携型について詳しくはこちら

オリジナル婚姻届が完成しました

中津川に住もうスタッフ 2022年07月05日

中津川市定住推進課です。

サラサドウダンがデザインされたオリジナル婚姻届が完成しました。

 

オリジナル婚姻届は市内の結婚式場や施設に設置しています。

【設置場所】

■中津川市役所  市民保険課/定住推進課

■総合事務所   山口総合事務所/坂下総合事務所/川上総合事務所/加子母総合事務所/付知総合事務所/福岡総合事務所/蛭川総合事務所

■地域事務所   苗木事務所/坂本事務所/落合事務所/阿木事務所/神坂事務所

■結婚式場    パルティールプラス

■社会福祉協議会 坂下支所/加子母支所/付知支所/福岡支所

■その他     中央公民館/図書館/ルビットタウン

 

また、下記のリンク先からご覧いただくこともできます。

リンク

 

ぜひ婚姻届を提出する際は、オリジナル婚姻届をご利用ください。

ジバシェで移住相談しませんか?

中津川に住もうスタッフ 2022年03月24日

中津川市新町にあるジバシェでは、休日移住相談を行っています。

3月の移住相談は、26日の第4土曜日に行います。

ジバシェでは、中津川の特産品なども取り扱っています。

ようやく暖かくなってきた中津川に、

ぜひお越しください!

移住相談員が中津川について詳しくご紹介いたします。

ジバシェ外観

 

 

 

 

もりのいえキッチン

中津川に住もうスタッフ 2022年02月04日

こんにちは。定住推進課です。

“岐阜と東京をつなぐカルチャーマガジン“TOFUmagazineの取材にご一緒させていただき、もりのいえキッチン・森本さんご夫妻のお話を伺ってきました。

▲もりのいえキッチン外観

 

▲笑顔が素敵な森本さんご夫妻

 

お2人は山梨県から移住し、中津川市加子母で焼き菓子とお食事の販売・イベント宿等を始め、その後、中津川市空き家情報バンクに掲載されていた落合の物件に出会い、日当たり・畑・アクセスの良さ等に惹かれ、今の落合に拠点を移したそうです。

料理好きなお2人からもりのいえキッチンで楽しめるお食事について伺いました。

こだわりの食材を使ったお弁当は、彩りが豊か・野菜たっぷりでとても美味しそうでした。メニューの8割は一日ごとに変わるため、毎日楽しめます。

▲「おいしくって元気になる!」がテーマのもりのいえキッチンのお弁当

 

加子母で栽培された唐辛子とにんにくで作られたもりのいえキッチン特製の調味料も人気です。

▲辛さ控え目から激辛まで辛さの種類が豊富な大辛ファイヤーシリーズ

 

今後は、お弁当と大辛ファイヤーの販売・農業・料理教室などさまざまな活動をしたいとお話しされていました。これからのもりのいえキッチン、今よりさらに面白くなりそうです!

 

中津川市の生菓子をご紹介!

中津川に住もうスタッフ 2022年01月13日

こんにちは!定住推進課です。

年が明けてしばらく経ちましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 

今回のブログではお正月に食べた中津川市の生菓子の中からおすすめを2つご紹介します!

・写真右側にある白色の生菓子は栗きんとんをしっとりした生地で包んでいる生菓子です。

生菓子で栗きんとんを楽しむことができるのは中津川市ならではですね。

・写真上部にある縞模様の入った生菓子は今年の干支である虎をモチーフに作られています。新年の訪れを感じました!

 

どちらの生菓子も見た目が繊細で美しく、美味しかったです!

中津川市には、美味しい和菓子屋がたくさんあります。

中津川市にいらっしゃった際には是非召し上がってください!