中津川市定住情報ポータルサイト
「中津川に住もう!」

中津川市へようこそ!山が近くて川がきれいで水も空気もおいしい

2022年7月末(外国人含)

人口と世帯
人   口 75,811人
男  性
女  性
37,170人
38,641人
世  帯 31,530世帯
中津川市に住もう

DIY 〜セルフリノベーションの現実〜

中津川に住もうスタッフ 2022年6月1日 水曜日

こんにちは。

実は、5月に2本のブログを執筆しなければいけないのですが、こんなことになってしまいました。

サポーター最年長かなり動ける50代の大畑です。

 

知らない人も、知っている人も、興味ない人もいるかと思いますが。

僕が今住んでいる自宅兼工房兼キャンプ宿の家は6年かけて「セルフリノベーション」した家であります。

愛知県にいるときから、店舗作ったり、サイン作ったり、家リフォームしたり、家具作ったり、イベント装飾デザイン施工したりとそんな生業をやっていました。それでも6年もかかってしまいました。

 

まあそれなりにこだわり、次世代に(また空き家にならないよう)つなげる「可能性」ができるような家にしたいかなと想いながら。

今は6年もかけたから、人とのつながりができ、僕の人となりも多少理解してもらい、今ここで生きていけてるかなと。

やりたいことを実現するなら、バカみたいなことをやるなら、バカみたいに強い意志と、かなりの覚悟、かなりの犠牲が必要かと思っております。

 

今は、それなりに楽しいです。幸せも感じています。

 

そんな大畑家の昼の顔。

 

夜の大畑家。

まだまだ進化途中ですが、まあまあかなと。

 

で、本題。

ここ中津川市川上に「セルフリノベーション」野望の新しい住民さんが増えました。

僕が数年前から相談受けながら、話しながら、この5月に本当のスタートがきれました!

めでたいことです。

お名前や詳しいことはお話しできませんが。。

 

物件がこちら

バカでかい田舎の物件と違い、かわいいサイズの平屋の家です。

DIYをやりやすい、洒落た家(今でも十分ですが)に生まれ変わる予感。

 

中がこんな感じ。

うん、なかなか良い。

 

少しシロアリ被害もあったり、設備や、電気工事もあります。

もちろん僕も工事に携わりますが、できることはやっていただきます。やりたいのだから。

で、母屋の工事の前に、ご本人様の希望で「小屋」を作りたいとのことで一緒に作ることに。

それがこちら。

古材やら、廃材を使っています。

基礎からだったので、ほぼ家です。

僕も教えながらでしたが、ここまではほぼ僕が作ってしまいました。

ご本人様も、練習がてらの思いがあったとはいえ、考えが甘かったとおっしゃっておりました。。。

多分自分が出来ると思ってて、出来ることの少なさに。

法的にも。

けど、そういう実感ができたのは良かったかと思います。

 

僕はそういう人に、「ここまでなら出来るよ」「こういったやり方があるよ」って。

業者さんとの橋渡しもね。

真剣にやりたいのなら、屁理屈言わないなら、わかったようなこと言わないなら、僕がピンときたら

協力します。

 

このブログを見て、DIYで家をリフォームしたいって人がいるかと思います。

途中心が折れるかも(僕は100回くらい折れました)バカみたいに疲れるかも、先が見えなくなるかも。

けど、やれないことは何一つない。覚悟とモチベーションがあれば。ですかね。

 

達成感は、ハンパないかもですよ。

 

一つの経験から、少しでも若い時に始めた方が良いです。絶対。

 

もう夜も遅いんで今日はこれまで。

 

最後にオマケ写真。

川上川で釣れた「岩魚」ここ中津川市川上の魅力の一つです。