中津川市定住情報ポータルサイト
「中津川に住もう!」

中津川市へようこそ!山が近くて川がきれいで水も空気もおいしい

2022年5月末(外国人含)

人口と世帯
人   口 75,817人
男  性
女  性
37,136人
38,681人
世  帯 31,415世帯
中津川市に住もう

5、空き家の活用とは

今回は「空き家の活用」についてお話しします。
活用というと、カフェ・シェアハウス・民泊・農家住宅など、
活用後の姿を思い浮かべる方が多いと思います。

 

空き家の活用には、空き家を、①自分で使用する②手放す(売買)③貸す(賃貸)の3つの方法があり、
どの方法を選ぶかによって、相手方(売買:買主、賃貸:借主)や活用の姿も変わります。(下図参照)

 

活用の選択肢が多いため、「なんとなく方向がつかめません」
「どうしたらいいのかわかりません」などの相談をよく受けます。

 

②売買や③賃貸を選択する時には、空き家(不動産)の立地条件や
市場(需要と供給の場)の見極めが大切です。

ご自分で決めてしまう前に、
お近くの不動産の専門家(宅地建物取引士等)に相談されてはいかがでしょうか。

 

空き家活用の第1位は、①自己の「物置」としての利用です。
空き家が「物置化」してしまうと片付けも煩わしくなり空き家の価値も下がってしまうため、
②売買、③ 賃貸に向けて、早めの準備・決断・実行が必要です。

 

中津川市では移住定住のための「空き家情報バンク」を運営しています。
協力不動産業者が、物件確認のための詳細な現地調査を行い登録しますので、
②売買、③賃貸を希望される方は定住推進課へご連絡ください。

 

空き家対策コラム