中津川市定住情報ポータルサイト
「中津川に住もう!」

中津川市へようこそ!山が近くて川がきれいで水も空気もおいしい

2020年4月末(外国人含)

人口と世帯
人   口 77,919人
男  性
女  性
38,122人
39,797人
世  帯 31,241世帯
中津川市に住もう

ワーキングホリデーに参加した女子大生が企画しました!

中津川に住もうスタッフ 2020年2月28日 金曜日

2月18日から3月1日までちこり村でのふるさとワーキングホリデーに参加している女子大生2人が大学生の視点から新しい企画を作成しました!

企画を発表した吉良さん(写真左)と三洲さん(同右)

 

記者発表された企画は、4つ。

三洲さんは、写真右にあるパネルをちこり村内にあるビュッフェ内で掲示し一日に必要な野菜350gを可視化。ビュッフェの1食分の食事でも350gを軽く達成することができることを伝え、日ごろから前向きな気持ちで野菜を食べてほしいという想いを込めました。

もう1つは、若者のアルコール離れ防止のための楽しみ方を提案。

大学生の中にはお酒を飲みたくてもなかなか手を付けられないと感じている人が少なくないそうです。そこで、ちこり村で販売されいるちこり焼酎を使ってお酒を飲んだことない若者や苦手な人でもお酒を楽しく飲める方法を考え、焼酎を桃ジュースやりんごジュースで割り飲みやすくしたそうです。

また、新しいおつまみも提案しました。

それがこちら。スモークチーズにちこり、ピリ辛糀、黒にんにくを合わせたもの。

スモークチーズとピリ辛糀の相性が良くお酒が進む味でした!

 

吉良さんは、中津川の半日ツアーと小学生向けの実験の手引書を発表。

実験の手引書と中津川半日ツアーのパンフレット

 

実験の手引書は、ちこり村で販売されている豆苗などの実験キットを使った新たな実験方法を提案。種をまいたあと明るいところと暗いところで育てたときの違いがどうなるかなど、イラストを使いわかりやすく解説されており、実験が楽しくなる手引きでした。

中津川半日ツアーパンフレットでは、若い世代に向けた中津川の楽しみ方を提案。

苗木城跡や馬籠宿を訪問するルートで、写真映えする景色や大学生が喜ぶ情報を入れた、情報発信者とターゲットが同世代ということが特徴です。

このパンフレットは今後、ちこり村や各道の駅で配布される予定です。

【パンフレットはこちら】  

 

大学生ならではの視点で考えられた企画にワクワクした気持ちになりました。

2人とも真面目に一生懸命取り組んだ様子がうかがえる発表でした!