中津川市定住情報ポータルサイト
「中津川に住もう!」

中津川市へようこそ!山が近くて川がきれいで水も空気もおいしい

2023年12月末(外国人含)

人口と世帯
人   口 74,523人
男  性
女  性
36,629人
37,894人
世  帯 31,798世帯
中津川市に住もう

「2023年の川上その小さな小さな地区」〜魅力はそこにある〜

中津川に住もうスタッフ 2023年12月24日 日曜日

みなさん、おはようございます。こんにちは。こんばんは。お疲れ様。
いいこと言ってるのになぁ〜とか、おもしろいこと言っているのになぁ〜とかは絶対思わないんですが。
ブログで色々言ってもなぁ〜。
ここに来てみればわかるのになぁ〜。
そんなことは感じていて。

と言うことで、移住だの、地方創生だの、地域活性だの、今回は言わないです。

ただ信念を貫き、地域に入り、ヒントをもらい、見えなかったもの見え、やった気(やりました感)にならず、底辺まで見る。
みなさんが想像できないくらいの地道な地道な地味な地味なことをやり続け。
そうでないと本物や感動は生まれない。

断言できます。

そしていつの間にか、地域の活性の足がかりとなっていく。
僕がそうであるように。
と思っている、今年はカメムシが多すぎで、これが元は人災ってどれほどの人が感じてるんだろうって思っている、サポーターの大畑です。

今回は、我が工房、自宅、キャンプ宿がある中津川市川上(川上)田之尻地区、小さな小さな集落の四季の写真。
夕森渓谷でもなく、馬籠宿でもなく、付知峡でもなく、苗木城でもなく、恵那山でもなく、
そこに足元に見逃していた全てのもの、水、草、裏山、獣、負の遺産、村の捨てれていくだろう文化、埋もれていく史跡、
これ全てが財産であるということ。
というか、それ以外はない。

僕のここに来てくれるゲストさんは、ここに来るために来ます。観光地いきません。
知り合いや、友達、仲間内のゲストは、ほぼいません。ほぼ0です。
そして、リピーター率99.9%です。

この何もない、見向きもされなかった土地、古い家。

これに気付かない限り未来はない。
おもしろくないことしないと、おもしろいこと見えてこないから。

断言できます。

皆様2023年は、素敵な年でしたでしょうか。
2024年が皆様にとって穏やかで、平和な、素敵な一年になりますように。
いつの時代まで戦争をやるつもりなんだろう。懲りない人間たち。

〜2023年川上の小さな財産〜

1月の大雪

1月の左義長


早春の誰も取らない筍

桜と川上川へ降りれる小さな裏山

田植えが終わった田園散歩

無農薬のゲスト収穫畑

ただの用水路の法面(春〜夏)

ただの用水路の法面(秋)

そこに虹があるだけで

ただの用水路の法面(冬)

焚火と月

独り占め中秋の名月


プライベート川上川(春)

プライベート川上川(夏)

プライベート川上川 小さな秋(独り占め紅葉)


その他

 

 

今年より始めた、KOHARUのウッドクリスマスツリー〜星に願いを〜
通りすがり、地区の人、観光客、全ての人へ向けて。
2024年の我が地区左義長で想いや願いを天(星)へお焚き上げします。
皆様良いお年を。