中津川市定住情報ポータルサイト
「中津川に住もう!」

中津川市へようこそ!山が近くて川がきれいで水も空気もおいしい

2020年10月末(外国人含)

人口と世帯
人   口 77,428人
男  性
女  性
37,896人
39,532人
世  帯 31,235世帯
中津川市に住もう

恵那山麓野菜事業がスタート!(移住サポーター)

中津川に住もうスタッフ 2020年10月30日 金曜日

こんにちは、移住サポーターの小池菜摘 <https://twitter.com/natsumikoike/>です。
4歳の娘と、中津川出身の夫と中津川の坂本地区で暮らしています。
いわゆる「嫁ターン」な大阪出身の34歳です。

(photo : 小島葵 <https://twitter.com/65and66/>)

屋号に「Koike lab. -creative office- <http://koike-lab.com>」という名前をつけて自営業をしていますが、
今まではわたしの写真業とまちづくり、そして夫の農業の3本柱でした。
中津川に移住して6年。がむしゃらに生きていく中で、わたしの惚れたこの人の営みで続いていく農村風景を、強く残していきたいと願うようになりました。
4年前に娘を出産してからというもの、この地域ができるだけ永く豊かに存続するためにはと考え、まちづくりのいろいろに関わってきましたが、具体的に農村風景を維持していくためには、そもそも農地が維持されないといけないことに気がつきます。
農地を維持するためにはいろいろと必要な要素があります。
・農家を増やすこと
・農家が適切な対価を受け取ることができる環境をつくること
・今いる農家が売り先を心配することなく、全力でクオリティの高い農産物をできるだけたくさん作ること

それらを解決するべく、2020年6月から新しく「恵那山麓野菜 <https://www.instagram.com/enasanrokuyasai/>
」という事業を始めました。
端的に言うと、恵那山麓(中津川市・恵那市)の農家による農家のための共同出荷システムを構築する事業です。

取り扱う農産物は恵那山麓地域でそだった子だけ。
しかも、*持続可能な農業*に意識のある生産者が育てた子だけ。と、

はじめから決めています。

つまり、わたしが今4歳の娘の将来の選択肢として、この地に住み続けることが出来るようにと願っているのと同じように、それぐらい先の恵那山麓地域について意識しているひとが作った野菜。それと恵那山麓野菜を使用した加工品を販売します。

今は15事業者が趣旨に賛同して参画してくれていて、中津川市からはKoike lab.以外に
・ノウカノカノウ <https://www.instagram.com/kanou_tomoko/>(蛭川)
・ぬくたいファーム <https://www.instagram.com/dabaita88/>(手賀野)
・フカミファーム <https://www.instagram.com/fukamifarm/> (中津川)
・もりのいえ <https://www.instagram.com/morinoie_kitchen/>(加子母)
・アボウ農園 <http://www.nakatsugawa.co.jp/hanaken/noukasyoukai.html>(下野)
・オヤツヤヌフ <https://www.instagram.com/oyatsuya_nufu/> (手賀野)
の6軒が参画しています。

販売先は日を追うごとに増えていて、中津川市では
・PAPAN <https://www.instagram.com/papanbakery/>(苗木)
・ヒビホド… <https://www.instagram.com/hibihodo/>(手賀野)
・ニンファ中津川 <https://www.instagram.com/nympha2009/>(落合)
で原材料としての使用や加工品を常設で販売していただいたりしています。

この10月から、恵那山麓野菜が文字通り24時間お買い求めいただけるお店ができました。
それが、「セブンイレブン中津川駅前店」さんです。

入り口前にはのぼりを立てていただき

専用の売り場を設けていただいています。
お近くを通りがかる際にはぜひお求めくださいね◎

恵那山麓野菜は
・生産者から全量買い取って取りまとめていること(*可能な限り高い値段で仕入れ*)
・最低限必要の経費のみを残す価格設定で日常遣いを可能にすること(*可能な限り安い値段で販売*)
という特徴があり、最大の特徴は
・販売時にどうしても出てしまうフードロスや、規格外野菜の積極的な仕入れで加工品を製造販売している
ということ。

Koike lab.のもったいない工房(加工場)では元々恵那山麓野菜の焼菓子を製造していましたが、
2020年8月に念願のレトルト食品を製造する機械を導入し、旬の野菜を美味しさそのまま1年以上常温保存可能な形に変えて、お届けする仕組みが整いました。
恵那山麓地域でうまれた全てのいのちに敬意を払い、生かしきるための施策です。
*フードロス撲滅!*

賛同してくださる飲食店さんとのコラボ商品の開発も進んでいます。

大好評のおまかせセットも全国からお求めいただいています。
毎週金曜日夕方に集荷してすぐに発送し、おうちに届きます。
もちろん恵那山麓地域のみなさまへもお届けしていて、配送は中津川市坂本のFARM DELI <https://curama.jp/568922107/>
が手から手へ届けてくれますよ◎
最短で収穫24時間以内にこれだけいろんな品目が届くセットはなかなかないなあ、と自負してたりします。

ご注文はこちらから。
https://koikelab.theshop.jp/categories/2568364

それ以外にもこんなシールの貼ってある野菜はみーんな、恵那山麓野菜参画農家が育てたお野菜です。

ぜひお求めくださいね◎

Koike lab. -creative office-
小池菜摘