中津川市に住もう

トップページ  >  中津川の銘産コーナー一覧  >  いももち

中津川の銘産コーナー

いももち

里芋とお米を一緒に炊き、よく潰して丸めたお餅。軽く焼き目を入れることで香ばしくなり、生姜醤油や五平餅にも使う味噌をつけて味わいます。秋が旬の里芋は粘り気があるため、モチモチ、ホクホクの食感を生み出します。
いももちの発祥は、お米が不作な地区ならではの「かさ増し」が目的。気候に左右されず豊作が期待できる里芋を混ぜたことが始まりでした。今では中津川の秋を味わう隠れた味覚として、福岡、付知、加子母、坂下など、中津川の中でも恵北地区でよく食べられています。
 
2014年11月放送のテレビ番組で話題沸騰!恵北地区の道の駅で味わうことができます。

中津川市定住サイトトップへ

中津川市トップページ