中津川市に住もう

トップページ  >  神坂地区

神坂地区

神坂地区は市の中心地から車でおよそ15分のところに位置し、日本百名山に選定されている恵那山の麓にある、自然豊かな地域です。
また、東山道最大の難所として「日本書紀」ヤマトタケルの伝説や万葉集の防人の歌にも詠まれるなど、多くの歌集、史書、文芸の中に取り上げられている「神坂峠」をはじめ、多くの名所・旧跡が存在する、歴史や文化が豊かな地域でもあります。

地域の中心部には、地下850mから湧き出る温泉を利用した中津川温泉「クアリゾート湯舟沢」があり、市民の憩いと健康増進の場となっています。
教育施設は「神坂学校」と呼ばれ、幼稚園から小学校・中学校までが一箇所に隣接し施設も一部共有して、幼小中一環校のように連携した教育が行われています。



中津川温泉

クアリゾート湯舟沢は浴場の他、13種類のバーデ、プールなど多彩なアクア施設です。
隣接するホテル花更紗では、四季折々の自慢料理を味わうことが出来ます。

神坂大檜

神坂峠へ向かう林道の途中から、徒歩25分で神坂大檜(おおひ)に出会えます。
樹齢1,000年とも言われる大木で、林野庁から「森の巨人たち百選」に選定されました。

湯舟沢レディースの活動

平成7年に神坂の女性たちが集まり結成。
地元の農産物を使い、朴葉寿司、栗おこわ、からすみなどの郷土食を作っています。
中津川駅前のにぎわい特産館などで購入できます。

幼稚園の流しそうめん

神坂学校の幼稚園では、老人クラブの皆さんが流しそうめん大会を開いてくださいます。

幼稚園・保育園
幼稚園(1)
学校
小学校(1)、中学校(1)
病院・診療所

神坂事務所のページはこちら

中津川市定住サイトトップへ

中津川市トップページ